高齢者見守りセンサーとは?スマホでつながる「遠くても安心プラン」

離れて暮らしてる親御さんが高齢になって、一人暮らしになったと思ってみてください。

離れて暮らしてる親御さんが安全に過ごしているのか、どうやったら知ることができますか?

そうは言っても毎日度々電話かけるわけにいかないですよね。

カメラをつけて監視するっていうのも、心情的には気持ちよくないですよね。

そこで今回は、離れて暮らす親御さんが普通に日常生活をしている様子を、スマホを使って手に取るようにわかるようなサービスをご紹介します。

高齢者見守りセンサーとは?

離れて暮らす高齢の親に、もしものことがあったらって家族としてはどうしても気になっちゃいますよね。

「見守りセンサー」っていうのは以前ですと、カメラであったり、超音波などのセンサーというのが一般的でした。

でもそういうセンサーの場合、見られてるかもとか、見てるかもと、必要以上にプライバシーに関わりすぎると言う難点がありました。

またセンサーの範囲外での動きっていうのはなかなか掴みにくいという問題もありました。

最近では、センサー自体がだいぶ進化して、例えば電気炊飯器とかポット、冷蔵庫など日常生活上で使っている電化製品の使用状態を、インターネットを通じて離れて暮らしているご家族のスマホで知ることができるようになりました。

この方式だと、プライバシーを気にすることなく、日常の生活状況の変化で離れて暮らす親御さんに 連絡を取ってみると言う対応ができます。

離れて暮らしていても安心のさーびすはこちら
高齢の両親を電気の使用状況で見守る【遠くても安心プラン】

高齢者見守りシステムとは?目的は?

なぜ こういった見守りのシステムが必要になるか?というお話をします。

離れて暮らす親御さんが高齢になった場合、高齢者への配慮が必要になります。

例えば、親御さんがご夫婦で暮らしていたのに、どちらか片方が先立たれてしまった。

ということを想定してみてください。

残された方がお母さまであれば、日常生活上の不自由っていうのはさほどないと思われます。

それが お父様だった場合を想定してみましょう。

日頃から日常の生活に関われていた男性であれば、さほど心配はないのです。

でも、ずっと奥様に頼って生活して来られた男性であった場合、掃除であったり、洗濯であったり、炊事であったりという日常の生活がきちんとできるか心配ですよね。

めんどくさくて簡単な食事で栄養が偏ってしまったり、洗濯が面倒くさくて同じものばっかり着ていたり、お風呂に入るのが面倒くさくてあまり入らなかったりということも、「あるある」ですよね。

もしこういった日常生活の姿が遠く離れたご家族のスマホで見ることができたら、とっても安心だと思いませんか。

離れて暮らしていても安心のさーびすはこちら
高齢の両親を電気の使用状況で見守る【遠くても安心プラン】

離れて暮らす親が独居になる

2017年現在で日本人の平均寿命は、男性が81歳、女性が87歳です。

これはあくまでも平均の寿命であって、実際にはこの年齢よりも早い場合もあれば遅い場合もあります。

離れて暮らす親御さんが高齢になってくると、いずれは独居になってしまう可能性が高いですね。

親御さんが独居になってしまった場合、地域活動に参加したりと健康的で元気に暮らしていてもらえれば安心ですよね。

独居になられた場合でも昼間であれば、ご近所との関わりがあるので安心だと思います。

でも、夜間の場合は、何かあったらと思うと心配ですよね。

そういったことの備えとして、「高齢者の見守りシステム」っていうのは大事なんじゃないでしょうか。

離れて暮らしていても安心のさーびすはこちら
高齢の両親を電気の使用状況で見守る【遠くても安心プラン】

離れてもスマホでつながる「遠くても安心プラン」とは

離れて暮らす高齢の親御さんの暮らしぶりを、手に取るように見守れるサービスとして、東京電力の 「遠くても安心プラン」というものがあります

この「遠くても安心プラン」というのは

  • エアコン
  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • ヒーター・ドライヤー・ケトルなどの高熱家電
  • 掃除機
  • 洗濯機
  • テレビ
  • iH クッキングヒーター

などの8種類の家電製品の使用状況を、スマホで見ることができる見守りサービスです。

そして、いつもと使用状況が違う場合には「アラートメール」が、ご家族に届くようになります。

  • 暑い夏の日中でエアコンが使われてないと熱中症の恐れがありますよね
  • また夜間深夜時間帯に家電をお使いになってるというのは 切り忘れになる何かが起きてるんじゃないかと 心配になりますよね
  • 同じように 掃除機などが2時間以上使われているというのも気になりますよね
  • また12時間以上家電製品を何も使ってないっていうのも気になりますよね
  • そういった日常と違う変化があった時にアラートメールが届くようになります

離れたご両親のご自宅には分電盤にちっちゃなセンサーをつけるだけです。

カメラを設置するわけでも、マイクを設置するわけでもございません。

なので、お互いに「見てる」「見てない」を気にせずに普段通りの生活をしていただけます。

また、使用状況やアラートメールは、「最大5台」のスマホやパソコンで見ることができます。

ですから、契約されたご主人様が仕事で忙しくて見れない時でも、奥様やお子様が確認することができます。

最大5台のスマホで見れるということは、ご両親がお住まいの地域のヘルパーさんなどにも見ていただくことはできるので、とっても安心ですね。

離れて暮らしていても安心のさーびすはこちら
高齢の両親を電気の使用状況で見守る【遠くても安心プラン】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました