高齢者の見守りサービスWEBカメラよりもスマホで「遠くても安心プラン」

離れて暮らす「ご両親」の見守りサービスと言ったら、どういったものを想像されるでしょうか。

ご両親が室内で倒れていないかとか、挙動不審な行為をしているとか、普段の様子が心配であれば WEBカメラというのも一つの選択肢だと思います。

WEBカメラであれば、24時間スマホから見ることができます。

でも、WEBカメラの撮影範囲外で何か起きた場合には、WEBカメラでは対応できません。

ではどうしたらいいか少し考えてみましょう。

高齢者の見守りサービス WEBカメラ

まず最初に、「離れて暮らすご両親の見守り」とは、なぜ必要なのかを考えてみましょう。

「離れて暮らすご両親」のことで気になることと言ったら

  • きちんとバランス良い食事を取れているか
  • 詐欺の被害に遭ってないか
  • 転んだりして怪我をしていないか

などなどを考え出すときりがないですね。

離れて暮らすご両親への日常の不安を解消するためのものが見守りサービスというものです。

そこで「見守りサービス」ですが

  • 訪問型見守りサービス
  • センサー型見守りサービス
  • オート電話オートメイル型見守りサービス
  • カメラ型見守りサービス
  • 宅配型見守りサービス

などなどの種類があります。

その中でもWEBカメラを使った見守りサービスというのは、セキュリティ会社が運営しているサービスシステムもございます。

でも予算をかけずに割と簡単に個人でも、やろうと思えば出来るものでもあります。

今は ペットを自宅に置いたまま仕事に行くという方も多いので、仕事中にペットがどうしているか見るために、WEBカメラを設置しておいてスマホで様子を確認するということは普通にできちゃいます。

つまり個人でもWEBカメラを設置すれば離れたご両親のご自宅での様子を、スマホで見ることができるということです。

でも個人でWEBカメラを設置した場合には、セキュリティ会社が運営しているサービスのように、非常時にご自宅に駆けつけるといったことはできません。

またWEBカメラを設置して常時観察するというのも、相手がペットならしもプライバシーの観点からは、いかがなものかなという気はします。

高齢者の見守り ドアセンサー

高齢者の見守りという観点では、かなり以前からセンサー型っていうものは使われていました。

介護施設などで夜間にベッドから起き上がって転倒されるというケースが結構あるので、起き上がりを検知するセンサーっていうのは良く使われているものです。

これをご自宅のベッド周辺に設置するということも可能です。

起き上がりをセンサーが感知した場合に、ベルとかチャイムを鳴らして他の部屋でお休みになっているご家族に知らせるっていうものですね。

これに通信機器を組み合わせると、遠く離れて生活しているご家族のスマホに通知がいくということも可能になります。

センサー型の見守りサービスっていうのは、主にこういうタイプですね。

後はですね、見守り対象者の認知症が結構進んでくると、ご家族は気がつかない間に外に出てしまうというケースが結構あるんですよ。

まるで忍者のようにですよ。

その対応のためにドアセンサーを付けるっていうのも一つの手だと思うんです。

でもドアにセンサーをつけたから安心というわけではなく、こちらの裏をかいて窓から出て行ってしまうというケースもあります。

センサー型は、扱いは簡易の割にはセンサーの検知範囲または設置した場所以外に有効にならないというのが難点でもありますね。

最近では、室内の電気製品とか ガス水道の利用量を検知するセンサーなども普及してきているので、離れて暮らすご両親がきちんと生活しているかということを把握することも可能にはなってきています。

 

「セコム」高齢者の見守りサービス料金

最近では、セキュリティ専門会社が自社のノウハウを活用して、高齢者の見守りサービスを始めています。

例えば、生活動線は日常通るであろうルートですね。

そこに人感センサーを設置して、日常の動きが普段通り行われてるかを見守るサービスですね。

また、ご高齢のご両親にペンダントのようなものを身につけていただいて、急に具合が悪くなって動けなくなったり、階段なので転倒して動けなくなった場合に、ペンダントのボタンを押してもらうと セキュリティ会社に連絡が行き、駆けつけてもらえるといったようなサービスですね。

こういうセキュリティ専門の会社のサービスの場合は、24時間対応していただけるし、必要に応じて救急などへの通報も兼ねて行っていただけるのでとっても安心かなと思います。

セキュリティ会社の見守りサービスの場合、月々の利用料は割とリーズナブルな価格帯に設定されています。

それでも機器を設置する工事費とか機器に関する保証金とかの請求があったりして、初期費用としては意外とかかってしまう場合もあります。

離れてもスマホでつながる「遠くても安心プラン」

ご家族やご両親に負担の少ない「見守りサービス」もあります。

東京電力エナジーパートナーが提供している「TEPCOスマートホーム 遠くても安心プラン」です。

ご家庭の配電盤に通信機器を設置し、日常よく使われる以下の機器の使用状況を監視します

  • エアコンや炊飯器
  • 電子レンジやヒーターやドライヤー
  • 掃除機や洗濯機やテレビ
  • IH クッキングヒーター

これらの電気機器の使用状況を監視しながら毎日レポートという形で、通信を離れたご家族の元へお送りします。

また日常とは電力使用量が違ったりした場合に、日常の使用状態と違った状況になったら、ご家族の元へアラートメールを送信することもできます。

カメラや赤外センサーといったような場合、設置先では監視されているという気遣いを持つことなく、普段通りの生活をしていただくことができます。

この「遠くても安心プラン」は、遠く離れたご両親の様子が手に取るように分かるというサービスです。

しかも遠く離れたご家族の状況を受け取れるのは最大5人のスマホになります。

ということは、ご契約されたご主人様がスマホを見れない状態でも、他のご家族の方が見ることができるということですね。

また、遠く離れているご両親を日頃お世話をしているヘルパーさんやケアマネージャーさんに見てもらうということも可能になります。

また 必要に応じて訪問対応も可能となってます。

この「遠くても安心プラン」は、監視カメラで監視するというようなプライバシーに 配慮が必要な見守りサービスではないので、ご両親や遠くで暮らすご家族にとっても気兼ねなく、ご利用できます。

しかも、負担も少ないサービスとなっています。

「TEPCOスマートホーム 遠くても安心プラン」について、詳しく調べる
電気の使用状況で家族を見守る【遠くても安心プラン】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました